HOME > お知らせ > SUPを安全に楽しむための10のルール(国直編)
2016.05.11

SUPを安全に楽しむための10のルール(国直編)

 SUP(スタンドアップパドルボーディング)は、誰でも気軽に楽しめますが、風や潮に流されやすく危険を伴う場合あります。水面に漕ぎ出すのは自己責任における行動です。常に周囲の状況を把握して、安全に配慮して行動しましょう。

1.安全に楽しむために、ガイドの指導に従いましょう
2.リーシュコードを正しく装着し、ライフジャケットを着用しましょう。
3.パドルを流した場合に備えて、両手を使ったパドリングの練習を最初にしましょう。
4.リーフ内(サンゴ礁に囲まれた海域)で遊びましょう。
5.泳いでいる人に接近しないよう、また近くを航行する際は座ってパドリングしましょう。
6.風に流された際は座ってパドリングしましょう(風の抵抗が少なくなります)。
7.日中の日焼けに注意し、長時間直射日光に当たらないようにしましょう。
8.脱水症状を起こさないために、飲料水を準備し携行しましょう。
9.パドルを流出させないよう常に心がけてください。
10.ボードを砂浜に乗り上げたり、珊瑚にぶつけてはいけません。
(紛失や破損した際には費用を負担していただく場合がございます)