「国直ふくぎナイト」開催!
2016 12.22

フクギはフィリピンを原産とするオトギリソウ科の常緑広葉樹。
硬い幹や分厚い葉を持つことから台風や火災から家を守る屋敷林として利用されていきました。

奄美大島では減少しつつあるフクギですが、国直集落には樹齢300年を超す大木をはじめ、多くのフクギが残っています。

NPO法人TAMASUでは昔ながらのフクギに囲まれた集落の景観を守ろうと300本のフクギ苗を集落内に植え、フクギの保存・再生活動に取り組んでいます。

また、活動の啓発の一環として、フクギ並木のライトアップイベント「ふくぎナイト」を開催します。
開催期間は12月23日から12月30日まで。浜井商店横から海岸へと抜ける約80メートルの小路をイルミネーションとキャンドルライトでライトアップしています。

国直集落には「木の精霊に祈りを捧げ、フクギの葉に願いごとを書き入れると福が来る」といいう言い伝えがあります。
会場にマーカーをご用意していますのでご家族、友人、カップルでフクギに願いを込めてみてはいかがでしょうか。

なお、途中のお立ち寄りコーナーではでは青壮年団が温かいお飲み物と軽食をご用意しています。
ライトアップされたフクギを眺めながら夜の国直集落を散策しませんか?集落民一同心よりお待ちしています。

News