伝統の正月儀礼を再現

正月サンゴンツアー
2018/12/15 〜 2019/01/15

奄美大島の正月は家族全員が正装で床の間に正座し、厳粛な雰囲気の中での朝三献から始ります。初めにムチヌスィームン(餅の吸い物)、次にサシミ、ウヮーヌスィームン(豚の吸い物)の順番で食す。餅の吸い物には餅、椎茸、昆布、魚、卵が入る。刺身はアカマツ(ハマダイ)などの白身魚が二切れほど。豚の吸い物は塩豚の他、猪や鶏も代用されます。食事が済むと、上座についた主人が家族ひとりひとりに「今年も健康で頑張るように」と言葉をかけながら高膳の盃に酒を差し出します。飲み干すとコンブとスルメ(もしくはシイラ)の干物に絡めた干物を両手で授かり一連の儀式は終了。うやうやしくも身の引き締まる正月儀礼です。

Plan
開催期間
2018/12/15 〜 2019/01/15
所要時間
2時間(10:00~12:00)
催行人数
4名
開催時期
期間限定
定員
10名
持ち物
エプロン等
¥3,000
Review
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

News